【大学生注目】独学でのプログラミング学習は挫折する割合が高い!?!その3つの理由とは!

【大学生注目】独学でのプログラミング学習は挫折する割合が高い!?!その3つの理由とは!

最近、プログラミングを学習したい!という学生の方も増えてきたのではないでしょうか??

プログラミングの知識やスキルは、アルバイトや就職活動・社会人になった時にも利用できる力です。

ぜひ少しでも興味のある方には勉強して力を身につけていただきたいなと思うのですが、プログラミング学習って思ったよりも大変なんです!

特に独学での勉強だと90%の人が挫折する!と言われているほど難易度が高いです。

今回の記事では

  • 挫折する理由
  • 挫折しないための方法

この2点についてご紹介します。

今回の記事では、独学で挫折率が高い理由についてご紹介しますが!プログラミングを独学で勉強することに反対しているわけではありません。挫折しないためにどうすればいいのか一緒に考えていきましょう。

挫折する理由

1. 質問できる環境がない

独学でまずつまずくポイントは質問できる人がいないということです。

何から勉強をすればいいの?どの参考書を利用すればいいの?と最初はわからないことだらけですよね!

プログラミング言語やツールはたくさん存在します。それは自分が作りたい目的によって組み合わせたりしなければなりません。

そのため参考書通りに進めていても、プログラミングの仕組みや種類について理解できなければ自分のつくりたいもの(webサイトやアプリなど)を制作することは難しいでしょう。

独学では、適切な勉強内容を選択し、情報を集めながら進めていく必要があります。自分が勉強している内容が適切であるのかどうかをプロに確認し、質問しながら進めることがでません。そのため目的を見失って諦めてしまう方も多いです。

2. エラーが解決できない

プログラミング学習で最も初心者を挫折させる原因は、エラーが解決できなかったということです。

プログラムを組むときには、エラーがつきものです。エラーの原因を解決しなければシステムは正常に稼働することができません。

エラーは基本的に英語で表示されます。基礎学習段階でのエラーは、翻訳機能を使用すると理解することができますが、内容が難しくなるにつれて翻訳機能を使用しても専門用語が多いので理解することができなくなります。

専門用語を理解できなければ、エラーを解決することができません。独学の場合、誰かに相談や助言を求めることができないため、ネットや参考書から解決方法を探さなければいけません。

エラーの内容を理解することや解決することに時間がかかりすぎてプログラミングを断念する方も多いです。

3. やる気が持続しない・モチベーションが上がらない

プログラミング学習は継続することが一番重要です。継続するためにもやる気とモチベーションの維持は大切です。

  • プログラミング学習のゴールを見失う
  • 短期間目標のレベルや理想が高すぎる
  • すぐにエラーがでて、やる気が削がれる
  • 言語学習が地味で面白くない
  • 孤独感が辛く、やる気が低下する

これらがやる気やモチベーションの低下の理由として挙げられます。質問ができない・エラーが解決できないなどもやる気やモチベーションの低下に影響します。

挫折しないための方法

独学の挫折率が90%と高い理由を3つ挙げました。では、独学でも途中で挫折しないためにはどうすればいいのでしょうか?

挫折する理由ごとに挫折しないための方法をご紹介します。独学で勉強しよう!と思っている方はぜひ参考にしてみてください。

1. 質問できる環境がない 解決方法

情報を集める ②ロールモデルとなる人を探す

自分の目的・目標のために何から始めて、どう進んでいくべきなのかを知る必要があります。そこから自分の目的・目標と似た考えを持っているロールモデルの対象者を探すことで、適切な学習方法を知ることができます。

目的・目標を達成するためにも、自分が理想とするパターンで成功している人を探し、学習の仕方などを真似してみましょう!

ネットや記事・SNSなどからロールモデルの対象者を探し出し、情報を得ることができます。

自分の理想とするパターンで成功してる人を真似ながら学習することで、目的・目標を見失う可能性が低くなります。真似することで学習計画も立てやすくなるのでおすすめです。

目標・目的が決められない!まだプログラミングを学ぶか迷う!という方は学ぶべきおすすめ言語と参考書の記事を参考に考えてみましょう。こちらの記事を参考にご覧ください。

2. エラーが解決できない 解決方法

基礎を学習しなおす ②エラー内容を検索する ③質問サイトを利用する

独学でエラーの原因を解決することは難しいです。

①基礎学習をし直すことは時間はかかりますが、苦手な部分の克服や基礎知識を固めることで自分の力でエラーを解決するヒントを見つけ出すことに繋がります。

②エラー内容を検索することは、専門用語一覧やプログラミング言語をもとにネットで情報を集めながら解決するヒントを見つけ出すことに繋がります。翻訳機能もうまく利用しながら、英語を翻訳できます。よく出る英単語や専門用語をまとめておくとエラーが出てきたときに対処しやすいかもしれませんね。

③質問サイトを利用し、解決することができます。自分でわからない部分質問することもできますし、過去の質問や回答を通して新たな情報を知ることもできます。

おすすめ質問サイトのURLはこちらです。質問サイトってどんなものなの?と気になる方やプログラミング学習につまづいている方はぜひ参考にご覧ください。

3. やる気が持続しない・モチベーションが上がらない 解決方法

学習計画を立てる ②コミュニティを利用する

自分の目的や目標を達成するために、細かい段階に分けて学習計画を立てると学習が実行しやすくなります。質問できる環境がないという問題を解決する方法でも記載しましたが、ロールモデルとなる人を参考にしながら自分のペースに合わせて学習計画を組みましょう。

1人で学習するのが辛いという方には、コミュニティ利用することをお勧めします。プログラミングを勉強している同士が集うコミュニティを利用し、悩み相談や情報交換などをすることでやる気やモチベーションを維持することができます。オンラインとオフラインどちらでもコミュニティやイベントはあるので、気になったものに参加してみましょう。人脈を広げることでより楽しみながら、お互いに高めあいながら学習することができるかもしれませんね。

プログラミングを学ぼう!

今回の記事では、プログラミングを独学で学ぶと挫折する理由と挫折しないための方法をご紹介しました。

独学は挫折率が高い!と言われていますが、自分に合った学習方法取り入れることや明確目的・目標設定をすることで、独学でもプログラミングを習得することができます。

自分は独学でプログラミングに挑戦してみたい!という方はこの記事を参考にご覧ください。独学でプログラミングは習得できる!学び方や学習ロードマップを解説します! – Geek Lounge マガジン (geek-lounge.com)

独学ではないけど、プログラミング学習したいという方はこの記事を参考にご覧ください。【初心者・未経験者必見】大学生におすすめ!プログラミングの勉強方法3選! – Geek Lounge マガジン (geek-lounge.com)

プログラミングを勉強をして損はないです。継続して勉強することは難しいですが、社会人になった時に役に立つ力になります。少しでも興味がある方はぜひ基礎だけでも勉強してみましょう!

プログラミングカテゴリの最新記事